ペット火葬・ペット葬儀・供養の事なら【ペットセレモニー山梨】

ご安置について

  • HOME »
  • ご安置について

ペットちゃんが亡くなったら

ペットちゃんの死後硬直は、我々の予想より早く手足から腹部、頭部といった順序で広がっていきます。 遺体を放置しておくと、前・後肢がつっぱったまま硬直してしまい棺に収まらなくなる可能性があります ペットが亡くなられたら、前・後肢を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。

ペットちゃんのお通夜・ご葬儀

人間と違って動物には型式がありません 火葬する前にご自分の心が納得、満足するように充分にお別れをする事をお勧めします ご自宅にある物で充分に用意できます。

ご遺体を清めましょう

毛並みを整え、まぶたや口を閉じ尻尾を整えておきましょう お湯で湿らせた布などで、頭部、顔そして全身をやさしく拭き取ります。 ご遺体から体液が滲み出す場合がありますので、あらかじめシートを敷いて、口や肛門周辺をガーゼで拭き取ってください。
暑い季節は遺体の痛みが早い為、保冷剤をタオルにくるんでお腹のあたりにあたるように一緒に入れて下さい。

■ まぶたやお口を閉じ、お湯を湿らせた布などで頭部・お顔・全身を優しく拭きとります。
■ 毛並み・尻尾などをブラシで整えましょう。
■ 前・後肢が硬直する前に、胸の方へ優しく折り曲げてください。

愛犬が亡くなった時の手続き

愛犬が死亡した場合、保健所に鑑札及び狂犬病注射票を添え飼い犬登録の抹消手続きをする必要があります。 狂犬病にかかった犬、あるいはかかった疑いのある犬またはこれらの犬にかまれた犬については保健所に引き渡さなければなりません。血統書のある犬の場合は、登録団体にも連絡し所定の手続きを取ります。

いつでもお気軽にお問い合わせください TEL 0120-122-621 山梨県内出張無料 24時間電話受付

PAGETOP